トップページ >  人気プラセンタのアミノ酸換算値 >  Tp200nextのアミノ酸換算値

Tp200nextのアミノ酸換算値を計算!Tp200nextとTp200の違いは?どっちが得なの?

Tp200nextの成分を、本当に体内に有効な
「アミノ酸換算値」
で計算しなおしました。 Tp200nextのコストパフォーマンス(1円当たりのアミノ酸換算値)もわかります。

Tp200nextのプラセンタの成分(1日分)

馬プラセンタ 200mg


サプリ・ドリンクに含まれるプラセンタの換算
商品の換算項目 商品の値
タイプ サプリ
プラセンタの胎盤の種類
プラセンタ摂取量(1日あたり) 200mg
①アミノ酸含有量を換算
(豚:馬:羊=1:300:1)
×300=60000
②アミノ酸体内吸収率を換算
(豚:馬:羊=1:1:20)
③プラセンタが粉末か原液かで換算
(粉末:原液=1:3) ※Tp200nextの圧縮率
×3=180000
プラセンタの換算値・コストパフォーマンスまとめ
商品の換算値 商品の値
アミノ酸換算値まとめ
(①②③のまとめ)
180000
一日分のコスト
(価格を30日で割った値)
99円(定期)
プラセンタのコストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)
1819

Tp200nextのプラセンタの成分のポイント

「アミノ酸換算値」「コスパ」No1サプリがアップグレード

アミノ酸換算値「180000」、1日のコスパは99円(定期コース)で、2014~2016年のNo1プラセンタサプリだった「Tp200」の新バージョンです。
アミノ酸換算値と1日のコスパは同じで、「たんぱく質濃度」と「原産地」がアップグレードしました。

「たんぱく質濃度」が94.4%→96.9%にUP

Tp200で94.4%だったたんぱく質量を、フリーズドライ製法の水分管理をさらに高めて96.9%まで引き上げました。
アミノ酸の働きの1つは結合してたんぱく質になることなので、アミノ酸が結合されたたんぱく質量が高いTp200nextはアミノ酸換算値以上のパワーが期待できます。

「世界一の清浄国」の上質サラブレッドの胎盤とサイタイを使用

オーストラリアとニュージーランドの馬の胎盤とサイタイを使用しています。
この2国は日本よりも家畜の飼育・免疫管理の歴史が長く、OIEからも「清浄国」に認定されているため、Tp200で使用されていた北海道産の馬と同等以上の安全性があります。


Tp200nextは「買い」 ※Tp200も数値は同じ



コストパフォーマンス・・・
  ※(1円当たりのアミノ酸換算値)


  1819

       ・・・  これはかなりイイ!




Tp200nextの商品詳細

Tp200next
「Tp200next」は、2014~2016年まで「アミノ酸換算値」と「1日あたりのコスパ」がNo1だった「Tp200」がアップグレードされたプラセンタサプリです。

サプリに含まれるアミノ酸含有量と、豚や羊の300倍のアミノ酸含有量を持つ馬のプラセンタを使用していること、粉末タイプの3倍相当の配合量になる原液を使用していることは変わらないため、アミノ酸換算値はTp200同様
200×300×3=180000
となります。

アミノ酸換算値と価格が同じのため、1日あたりのコストもTp200と同じく99円(定期)となり、高品質かつ高コスパであることは変わりません。

Tp200nextでアップグレードされたのは「たんぱく質濃度」と「原産地」です。

たんぱく質濃度は94.4%→96.9%にアップしています(JFRL 日本食品分析センター調査)。
たんぱく質は肌を作る上で欠かせない栄養素なので、たんぱく濃度の高いプラセンタサプリを摂ることで、古い肌から新しい肌へ変わるサイクルを手助けしてくれるため、美肌、アンチエイジング効果が期待できるのです。

さらに、アミノ酸のはたらきの1つは結合してたんぱく質になることなので、アミノ酸の結合体であるたんぱく質量が高いプラセンタサプリは、アミノ酸換算値以上のパワーを発揮してくれるでしょう。

「原産地」は北海道産の馬から、オーストラリア・ニュージーランド産の馬へと変更されました。
国産じゃない馬は安全なの?と心配される方もいるかもしれませんが、オーストラリアとニュージーランドは、日本と同じく国際獣疫事務局(OIE)から牛海綿状脳症(BSE)のリスクが無視できる清浄国に認定されています(2016年5月時点)。

その上で、オーストラリア産・ニュージーランド産の馬は競馬の本場であるフランス・イギリスにも出荷されるため、プラセンタの質は北海道産の馬を使用していたTp200を超えるといっていいでしょう。

Tp200nextは、アミノ酸換算値とコスパを維持したまま馬とたんぱく質の品質を向上した新しいNo1プラセンタサプリです。
1日分のコスト
(通常購入)
99円(定期)
1日分のコスト
(トライアル)
なし

Tp200nextとTp200の違いは?どっちが得なの?

Tp200next
  • 価格

    2500円

  • 1日あたりの価格

    99円

  • プラセンタ量

    200mg

  • プラセンタ原液換算量

    8000mg(業界No1)

  • プラセンタ分子

    低分子(1/300)

  • 胎盤

    サラブレッドプラセンタ・サラブレッドサイタイ

  • 製法

    フリーズドライ

  • 生成工場

    富士山麓のGMP認定工場

  • 馬の産地


    オーストラリア・ニュジーランド産

  • たんぱく質濃度


    96.6%

  • 新規購入

    できる

Tp200
  • 価格

    2500円

  • 1日あたりの価格

    99円

  • プラセンタ量

    200mg

  • プラセンタ原液換算量

    8000mg(業界No1)

  • プラセンタ分子

    低分子(1/300)

  • 胎盤

    サラブレッドプラセンタ・サラブレッドサイタイ

  • 製法

    フリーズドライ

  • 生成工場

    富士山麓のGMP認定工場

  • 馬の産地

    北海道産

  • たんぱく質濃度

    96.1%~96.3%

  • 新規購入

    できない

馬の産地とたんぱく質濃度の差でTp200nextが上!

Tp200nextとTp200は、「たんぱく質濃度」と「馬の産地」のみ違います。
「たんぱく質濃度」は、わずかですが新TP200Nextのほうが高いので、品質はさらによくなっていることがわかります。

「馬の産地」については、農産物に関して日本産といえば品質が高いイメージがありますが、少し誤解があります。
家畜に関しては、日本よりオーストラリア・ニュジーランドのほうが飼育や免疫管理は、歴史が長く産業が大きい分、レベルが高いです。

オーストラリア・ニュジーランドの馬の中でも、食肉馬や農耕馬ではなく、成長剤を使っていない上質なサラブレッドの胎盤を採取しているので、胎盤に関してはこれまで以上の品質だと思っていいと思います。
総合すると、選び方はこうなります。
「プラセンタ量」「価格」は同じ
「たんぱく質濃度」と「馬の産地」はTp200nextがおすすめ



もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1のプラセンタサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら