トップページ >  人気プラセンタのアミノ酸換算値 >  プラセンタサプリMFⅢのアミノ酸値

プラセンタサプリMFⅢのアミノ酸換算値を計算しました!

プラセンタサプリMFⅢの成分を、本当に体内に有効な
「アミノ酸換算値」
で計算しなおしました。 プラセンタサプリMFⅢのコストパフォーマンス(1円当たりのアミノ酸換算値)もわかります。

プラセンタサプリMFⅢのプラセンタの成分(1日分)

羊プラセンタ 8000mg


サプリ・ドリンクに含まれるプラセンタの換算
商品の換算項目 商品の値
タイプ サプリ
プラセンタの胎盤の種類
プラセンタ摂取量(1日あたり) 8000mg(1粒)
①アミノ酸含有量を換算
(豚:馬:羊=1:300:1)
②アミノ酸体内吸収率を換算
(豚:馬:羊=1:1:20)
×20=16000
③プラセンタが粉末か原液かで換算
(粉末:原液=1:7)
プラセンタの換算値・コストパフォーマンスまとめ
商品の換算値 商品の値
アミノ酸換算値まとめ
(①②③のまとめ)
16000
一日分のコスト
(価格を30日で割った値)
633円(6箱セット)
プラセンタのコストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)
21

プラセンタサプリMFⅢのプラセンタの成分のポイント

プラセンタの"胎盤種"は「羊」

プラセンタサプリMFⅢは、プラセンタの胎盤種は「羊」です。 1日あたりのプラセンタ摂取量は、8000mg(1粒)も配合されていますが、羊プラセンタなので馬ほどアミノ酸含有量は多くはありません。 ドリンクではなく、サプリメントタイプです。

1日分の"アミノ酸換算値"は「16000」で高い

プラセンタの胎盤種は「羊」なので、アミノ酸の体内吸収量は通常のプラセンタの20倍です。 すなわち、8000mg×20=「16000」が、プラセンタサプリMFⅢのアミノ酸換算値(1日分)となります。 これは、プラセンタサプリの中では高めといえるでしょう。

"1円あたりのアミノ酸換算値"は「21」でコスパは低い

プラセンタサプリMFⅢの一日分のコストは最低で 633円(6箱セット)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、16000÷633 =「21」となり、 プラセンタサプリMFⅢは、アミノ酸換算値は高くても、サプリの価格が高いので、コストパフォーマンスでは低いです。


プラセンタサプリMFⅢは「見送り」



コストパフォーマンス・・・
  ※(1円当たりのアミノ酸換算値)


  21

         ・・・  コスパ悪すぎ




プラセンタサプリMFⅢの商品詳細

プラセンタサプリMFⅢは、スイスのセラピーをホームケア用に開発しなおしたプラセンタサプリメントです。
成分的には、プラセンタサプリMFⅢは、プラセンタの胎盤種は「羊」です。

1日あたりのプラセンタ摂取量は、8000mg(1粒)も配合されていますが、羊プラセンタなので馬ほどアミノ酸含有量は多くはありません。 プラセンタの胎盤種は「羊」なので、アミノ酸の体内吸収量は通常のプラセンタの20倍です。 すなわち、8000mg×20=「16000」が、プラセンタサプリMFⅢのアミノ酸換算値(1日分)となります。 これは、プラセンタサプリの中では高めといえるでしょう。

プラセンタサプリMFⅢの一日分のコストは最低で 633円(6箱セット)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、16000÷633 =「21」となり、 プラセンタサプリMFⅢは、アミノ酸換算値は高くても、サプリの価格が高いので、コストパフォーマンスでは低いです。
1日分のコスト
(通常購入)
633円(6箱セット)
1日分のコスト
(トライアル)
770円(トライアル)


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1のプラセンタサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら