トップページ >  プラセンタの基礎知識 >  人気ナンバーワンプラセンタの特徴

人気ナンバーワンプラセンタの特徴まとめ~一番人気のプラセンタの特徴は?

ナンバーワンプラセンタの特徴  美容にいいことで注目を集めているプラセンタですが、せっかくならば安くて美容成分が豊富なものを選びたいですよね。

 今回は、プラセンタの栄養成分が豊富で、コストも抑えてあるナンバーワンプラセンタの特徴をまとめました。


馬とブタのプラセンタの濃度が高い

植物には胎盤がありませんので、厳密には「プラセンタ」とは呼べません。これは、植物の胎座という部分を用いて得られるものです。胎座は胎盤に似た成分を持っているため、動物性プラセンタ同様の美肌効果に期待ができます。

 数あるプラセンタの中でも植物性プラセンタと海洋性プラセンタは、動物プラセンタにある「成長因子」が含まれていません

 また、羊プラセンタや生のプラセンタは安全面から日本では制限がかかっており、現在は馬と豚のプラセンタが主流となっています。

 同じように馬と豚の胎盤を原料にしていても添加物が入っているプラセンタより純度100%の方がより人気があると言われています。

 馬の場合はアミノ酸の含有量が高く、豚の場合はSPF豚という種類の豚が人気があります。普通に飼育された豚よりも病気に罹りにくい生活な環境で育てられるので、高濃度のプラセンタが出来る事で注目されています。


高純度のエキスを抽出した製品

 プラセンタは胎盤を加熱処理した物を使用しますが、生のプラセンタより人気があります。プラセンタエキスの抽出法には酵素分解法、凍結融解法、凍結酵素抽出法、加水分解法、分子分画法などがあります。

 酵素分解法は体内の酵素の働きにより不要な成分を破壊し、必要な成分だけを抽出します。この方法の長所は良質なプラセンタエキスが抽出出来る事ですが、その分高価です。

 凍結融解法は安価で利用出来る方法ですが、細胞膜の破壊によって凍結させた胎盤を融解する時にプラセンタだけを抽出するため、融解と同時に成分がなくなりやすくなります。

 凍結酵素抽出法は酵素分解法と凍結融解法の双方を使用して開発した方法です。凍結融解法で細胞膜の破壊をする時に、酵素を利用して必要な成分を抽出するものですが、あまり効率的でないうえに費用がかかります。

 分子分画法は特殊なフィルターを使う方法ですが、企業によって抽出法が違ううえに、フィルターによって製品の仕上がりが変わる傾向があります。

 加水分解法は塩酸などの酸を使用する方法と酸や塩基を加えない方法があります。酸を使用すると胎盤の細胞膜を分解する時に成分がなくなりやすくなります。

 この他にも、製造会社が開発した方法があります。製品パッケージに明記してある方法をチェックし安全に抽出されているかを確かめると共に、どの抽出方法をベースに改良されているかに着目してみるといいでしょう。


効能・効果が多い

 プラセンタの効能や効果には個人差はありますが、色々な働きがあります。人気があるプラセンタは健康だけでなく美容にも効果があると言われています。

 プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出されたエキスの事ですが、ビタミンやタンパク質など多くの種類の栄養素が備わっています。身体の生育や正常な働きを促進する成分の中には代謝を改善する成長因子も含まれていますが、この成長因子が明記されている製品は人気があります

 医療機関では肝硬変や自律神経や更年期障害、ホルモンバランスの改善や二日酔い、疲労回復、炎症などに効果があるとされており、近年ではアンチエイジングに活用する人が増えています。


手軽に摂取出来るかどうか

 プラセンタにはサプリメントやドリンク、注射などの摂取方法があります。サプリメントやドリンクはコンビニエンスストアやドラッグストアなどで手に入るので医療機関に通う時間がない人が利用します。

 あくまでも医薬品と言うよりは健康食品に分類されますが、健康面に効果がある一方成長因子等の成分が壊れる恐れがあります。注射の摂取は美容外科等の医療機関で行いますが、一回だけでは効果が分からない場合があります。健康保険の適用外になっているので、全額を負担する事になります。

 プラセンタ注射はヒトの胎盤を使用した物で、更年期障害の場合保険適用が認められますが、たった一度行うだけでも献血を行えなくなるので、医師の説明を良く聞いて判断する事が大切です。

病院では必ず医師が説明をすることになっていますが、プラセンタ注射を一度でも受けると献血を行うことができなくなります。これはプラセンタが人の器官を使用したものであるため病気などの伝播の可能性が必ずしもゼロではないためです。

 こうした事を考えると、サプリメントの方がリスクが低めなので人気があると言えます。


原産国が日本の物

 人気が高いプラセンタは馬と豚の物が主流ですが、中でも人気が高いのが国産のプラセンタです。パッケージの原産国を見ると外国の製品と日本の製品がありますが、やはり日本の製品は安全面という点を考えると人気があるようです。

 特に豚は馬に比べると出産率が高いため安価で手に入る傾向がありますが、病気になりやすいのが問題視されていました。国内のSPF豚や馬のプラセンタは安全性と効能両面で信頼出来るので、安心して摂取出来るのが魅力です。

なかでも「SPFプラセンタ」は安心度が高いと言われています。これは、日本SPF豚協会が認定する特別な管理体制の農場で育てられた、「特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなSPF 豚」の胎盤を使ったものを指します。


リーズナブルな値段で信頼できる企業の製品

 高価な製品の方が安い製品より効果があるわけではありません。製品のパッケージにプラセンタ純度100%と表記されている物は人気がありますが、原末量と言う表記に注意する事が必要です。リーズナブルな値段で販売している製品に目が行く人も多いようです。

 プラセンタは副作用がないのが大きな利点ですが、「効果がなければ無料」と広告で宣伝している物の中には支払いを渋る所があるので、慎重に選びましょう。

 販売している企業が大きい所の方が信頼出来るという判断をしている人がいるようですが、万が一の場合保証してくれるかどうか考えて選ぶ事が大切です。最初はお試し価格で販売する所が多いようなので、色々な製品を比較して良く検討してから購入しましょう


ナンバーワンプラセンタの選び方

 一番のプラセンタを摂取したい人は、栄養が豊富でコスパのいいプラセンタサプリがおすすめです。

 プラセンタの中でもアミノ酸量が多いのは馬プラセンタです。また、プラセンタの抽出方法として酵素分解法や、酵素分解法を改良した製法を使用しているものは有用成分が壊れずに残っているため栄養価が高いです。

 いくらアミノ酸量の高い馬プラセンタでも、高いサプリメントでは長く続けることはできません。馬プラセンタでも、中間利益を抑えて価格を抑えているサプリメントはあるので、馬プラセンタで価格を抑えているサプリメントを選ぶようにしましょう。


人気の馬プラセンタサプリをアミノ酸換算値で比較!

 1日あたりのプラセンタ配合量から、胎盤の種類やサプリ形状を加味して、アミノ酸量をわかりやすく再計算してみました。

 アミノ酸は、プラセンタの効果を最大限に引き出すためには欠かせない成分です。
馬=高いと思って敬遠せず、お手頃な価格のものをこちらのページ↓から探してみてください。

一目でわかる!全40種類のプラセンタサプリ成績表はこちら



馬プラセンタが人気の理由まとめ

 馬は一年に一頭しか子供を産まないため、希少価値が高い馬プラセンタも価格が高くなりがちです。また、有用成分を壊さない抽出方法ほどお金もかかります。

 安いプラセンタはSPFではない豚を使用していたり、成分が壊れやすい加水分解法を使用していることもあるかもしれません。安価だからといってすぐに飛びつかず、どのように価格を抑えているかも確認するようにしましょう。



プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら