トップページ >  プラセンタの基礎知識 >  プラセンタ注射は危険なの?

プラセンタ注射って何?メリット・デメリット・危険性をまとめました

プラセンタ注射の効果とメリットを解説

プラセンタとは何か?


あなたは「プラセンタ」をご存じでしょうか?健康や美容に関心がある方は、良く耳にする言葉だと思います。

プラセンタとは、胎盤のことです。母親の胎内で胎児を育てる臓器のことですね。

しかし胎盤は赤ちゃんを授かったときに作られる臓器であり、赤ちゃんを出産すると体外へ排出される一時的な臓器です。

胎盤には豊富な栄養素や有効成分が含まれているので、滋養強壮や若返りの薬として古くから注目されてきました。

動物が出産後に排出された胎盤を食べることがありますが、こうすることで体力が回復されることを本能的に悟っているためだと言われています。


プラセンタの効能


プラセンタを摂取することで、様々な病気に効果があるとされています。

肝臓機能の改善、高血圧、低血圧、慢性疲労、婦人科の病気の改善、冷え性、便秘、生理痛、不妊治療、アトピー性皮膚炎、ニキビ、しわ、たるみ、美白、若返り、花粉症、アレルギー性鼻炎、肩こり、慢性関節リウマチ、関節炎、腰痛、膀胱炎、前立腺肥大、角膜炎、視力低下、歯槽膿漏、不眠症、うつ病、神経症、風邪予防、滋養強壮、精力増進など、数多くの症状に効果があります。

特に有名なのはしわ、たるみ、美白、若返り、生理痛、冷え性などですね。

プラセンタ注射って何?効果(メリット)まとめ

プラセンタ注射とは何か?

プラセンタから抽出されたエキスの有効成分を注射や点滴、内服することを「プラセンタ療法」と呼びます。

新陳代謝が良くなり、自律神経やホルモンバランスが整うので、病気に対する免疫力を高める効果が期待出来ます。

プラセンタ注射とは更年期障害などの治療のために用いられるもので、国内でヒトの胎盤から抽出されたプラセンタのみを使用します。プラセンタ注射を用いることで、ホルモンバランスや女性特有の悩みでもある生理に関する悩みの解消、美白効果やアレルギー症状の緩和といった様々な恩恵を受けることが可能になります。

そのため、本来であれば医療用として用いられるプラセンタ注射を美容目的で使用するケースも増えています。

プラセンタ注射は美容クリニックなどで取り扱われている治療方法です。美容にも効果が高いため、特に女性からの人気が高いです。

週に1~2回注射するペースで治療することが殆どで、効果の持続期間は2~3日だと言われていますが、個人差があります。

2~3回注射をすると効果を実感する人が多いようです。

プラセンタは保険が適用されてるようになってから45年以上になりますが、重大な副作用は確認されていません。
おおむね安全であると言えるでしょう。

プラセンタ療法をを何十年も続けている人も中にはいますが、長年継続している人でも重大な副作用が報告されて例はありません。


プラセンタを注射するメリット


プラセンタ注射を使った治療は、病気の治療にも使われていますが、美容効果が高いのでそれを目的にした人が多いです。

年齢と共に肌や体が衰え始めます。しかし、プラセンタ注射を使うことで、肌は保水力を取り戻し、みずみずしい肌をキープすることが出来ます。

しわの改善にもなるので、弾力のある肌を取り戻せます。

たるんでしまった肌がリフトアップされ、見た目の印象も大きく変わります。

美白効果もありますので、出来てしまったシミが薄くなり、これから出来るシミの予防にも繋がります。

高い化粧品を使っても、肌から有効成分を浸透させるのには限界があります。

プラセンタ注射は体内から直接アプローチしていくので、効果をダイレクトに伝えることが可能なのです。


プラセンタ注射はどこで受けられるのか?


プラセンタ注射を取り扱っているのは、美容形成外科クリニックなどの医療機関です。

特に美肌に力を入れているクリニックには、殆どの場合で取り扱っているでしょう。

料金もそこまで高額ではないことから、医療スキンケアを受けたい初心者でも抵抗がない治療方法です。

更年期障害や慢性肝炎などの病気になっている人には、健康保険が適用されています。


プラセンタ注射を受けるための流れ


プラセンタ注射を行っているクリニックを調べてみましょう。

このときネット上の口コミなどを参考にすると、そのクリニックの評判を知ることが出来ます。

美容形成外科クリニックの場合は殆どが予約制になっています。あらかじめ電話などで予約を入れておきましょう。

診察するときにはプラセンタ注射を希望していることを医師に伝え、その効果やメリット・デメリットをしっかりと聞いてください。

アレルギーを引き起こす場合も稀にありますので、そうしたことも頭に入れておきましょう。

プラセンタ注射には多くのメリットがあります。より良い治療を受けるためにも、事前にプラセンタ注射について調べておくと良いでしょう。


プラセンタ注射って何?デメリット・副作用・危険性まとめ



プラセンタの摂取方法はいろいろありますが、中でも最も高い効果が得られるのはプラセンタ注射です。 大きく分けると医療用目的のものと美容目的のものに分かれますが、いずれにしても人の胎盤から抽出されたプラセンタが使われています。


プラセンタ注射はおおむね安全と紹介しましたが、注意点や危険性をしっかり把握した上で使用しないと思わぬトラブルがおきる事も考えられます。

注射は直接体に注入するものですから、ダイレクトに効果が得られる半面デメリットも大きいと考えられますね。今回はプラセンタ注射のデメリットについてまとめてみました。

プラセンタ注射のデメリットとは?

プラセンタ注射を使用することで発生するデメリットの1つとして、献血を利用できなくなることが挙げられます。これはプラセンタが胎盤か抽出された成分であり、その影響を否定できないという問題があるためです。この場合、注射以外の方法でプラセンタを摂取した場合においては献血の利用は問題なく行えますので、プラセンタ注射のみのデメリットとなります。

プラセンタ注射の危険性は?

プラセンタ注射は基本的には皮下注射や筋肉注射で使用することになるため、その場合にはさほど危険性は無いと言えます。しかしカクテル注射と呼ばれる方法でプラセンタ注射を利用した場合には、高い危険性が伴うことになります。

カクテル注射は通常のプラセンタ注射とは異なり、皮下や筋肉ではなく静脈に直接注射を行う静脈注射や点滴を用います。この場合、血液に直接プラセンタを流し込むので、効き目が高い分危険度もアップすることになります。

起こり得る危険としては体調の悪化やショック症状、血圧の低下など様々な症状がありますので、カクテル注射は避けるべきでしょう。

プラセンタ注射に副作用は?

プラセンタ注射を正しい方法で使用した場合でも副作用がおきることがあります。具体的には悪寒や発熱、肌への湿疹等が確認されており、これはプラセンタ注射を続ける限り治まらない場合もあります。

もしこのような副作用が起きた場合には速やかにプラセンタ注射の利用を停止し、様子を見る必要があります。副作用が起きるということはプラセンタが体に合っていない可能性もあるので、少しでも異変を感じた場合には利用を中止しましょう。

プラセンタ注射を行う場合の注意点

本来プラセンタ注射は医療目的として使用することが正しい使い方ですし、医療用として認可されているということは利用する場合にはそれだけ注意を払わなければいけないということでもあります。美容目的での使用は本来の使用目的とはかけ離れているため、正しい容量・用法を守って使用しなければ思わぬトラブルや体調不良に見舞われる可能性も十分あります。


国でも厚生労働省が安全と認めて認可している美容法ではありますが、美容法は100%の安心・安全ということはありません。

1人1人で、お肌の質やコンディションがまったく違うからです。 あなたのお肌の質やコンディションによっては、プラセンタ注射によってお肌の問題がおこる危険性も考えられます。

敏感肌や問題肌、アトピーやアレルギー体質の方はプラセンタ注射にも注意をしなくてはならないと言えます。 心配な方はあらかじめ医者やエステシャンに相談をしたり、パッチテストをうけておくと安心ですね。

もし本来の使用方法を無視し甚大な副作用などが起きた場合には、取り返しの付かないことになる恐れもあるということを十分に理解したうえで、信頼できる医師の下で使用しましょう。

プラセンタ注射の費用面でのデメリット



プラセンタ注射を医療目的で使用する場合は保険適用となるため費用面での負担も少なくて済みますが、美容目的で使用した場合には保険適用外の扱いとなってしまいます。この場合の負担は驚くほど高額になることもあり、安易な気持ちで美容目的にプラセンタ注射を使用すると多大な出費を迫られてしまうかもしれません。

プラセンタサプリの選び方

プラセンタ注射は高い効果が得られますが、リスクも大きくコストもかかるためあまりおすすめできません。効率的に摂取するためにはサプリの利用をおすすめします!

さて、プラセンタサプリを選ぶ際のポイントですが、まずは国産素材を使用したものを選ぶようにしましょう。国産のプラセンタサプリは国内の高い安全基準をクリアしているため、海外産のサプリに比べて安全面で保証されています。

また、アミノ酸換算値が高いものを選ぶことも大切です。アミノ酸換算値は効果に直結するため、これが低いサプリを選んでしまうと期待している効果が得られなくなってしまうかもしれません。

最後に、コストパフォーマンスにも気を遣いましょう。いくら効果が得られても価格が法外に高いものは毎日継続できないでしょう。アミノ酸換算値と価格のバランスを考えることが重要です。
プラセンタサプリを選びのポイント!

プラセンタサプリはいろいろ売られていますが、「安いだけの粗悪品」、「品質はよいけど高価品」を選んでしまっては、続けて飲み続けることはできません。
気をつけたいのは以下の点です。
  ・国産素材を使用
  ・アミノ酸換算値が高い
  ・価格が安い
コスパのよくて、お買い得なサプリを上手に選びましょう!



プラセンタサプリの濃度をコスパで比較しました!

プラセンタサプリは、プラセンタ含有量、胎盤の種類(馬・羊・豚)、サプリの形状(原末/粉末)などで、体に有効な「アミノ酸の量」が異なり選ぶのが難しいです。 そこで、各サプリのアミノ酸換算値を計算しなおしました。詳しくは下記↓のページをご覧下さい。




ハイリスクのプラセンタ注射は慎重に!

元々プラセンタ注射は美容のためのものでは無く、健康に問題がある場合に使用する薬という位置づけですので、それを正しく知り、健康問題を抱えている場合に使用することが望ましいと言えます。美容目的の場合はプラセンタサプリなどもありますので、注射の利用以外にも選択肢があることを理解しておきましょう。


プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら