トップページ >  プラセンタの基礎知識 >  プラセンタの成長因子

プラセンタの成長因子まとめ



プラセンタがもつ他にはない素晴らしい成分といえば「成長因子」です。 考えてみるとプラセンタ、つまり胎盤はお腹の中で小さな細胞だった胎児を たった10か月で成長させて、人間らしい体にするのですから、 そのパワーは計り知れませんね。

成長因子は名前の通り、細胞分裂を活発にして、新しい細胞を次々と生み、 新陳代謝を大幅にアップさせる働きを持っています。そして近年、プラセンタの成長因子から大きな美容・健康効果が得られることが分かってきました。

プラセンタに含まれる成長因子にはいくつかの種類があり、 それぞれ作用や働きが異なります。 以下ではプラセンタの成長因子についてまとめました。

繊維芽細胞増殖因子(FGF)

真皮の線維芽細胞の増殖を活性化してくれる働きがあり、美肌効果をもたらしてくれる成長因子です。肌にハリを与えてくれる栄養素としてはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が知られていますが、実はこれらはすべて線維芽細胞の働きで生成されているものなのです。加齢によって肌のたるみやシワができてしまうのは、線維芽細胞の働きが衰えることによってコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成量が減少してしまい、肌のハリがなくなってしまった結果なのです。

FGFによって線維芽細胞を活性化させてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成量を増やせば、若いころの肌を取り戻せるというわけです。

上皮細胞増殖因子(EGF)

FGF同様に美肌効果のある成長因子ですが、FGFが真皮の線維芽細胞を活性化させるのに対し、EGFは表皮を活性化させることでターンオーバーを助けてくれる効果があります。

新陳代謝は加齢によって衰えていきますが、それは肌のターンオーバーについても例外ではありません。ターンオーバーが衰えればなかなか表皮が新しくなってくれませんので、肌がくすんでしまいます。また、ターンオーバーはメラニン色素の排出にも関係していますので、ターンオーバーが衰えるとメラニン色素がうまく排出されずに沈着し、シミの原因になってしまいます。

EGFによってターンオーバーを活性化させることにより、肌のくすみが改善されます。また、沈着してしまったメラニン色素の排出を助けることで、シミを解消することもできるのです。

肝細胞増殖因子(HGF)

血液検査で肝機能を調べる際、GOTやGPTという単語が目につきます。これらの数値が高いと、脂肪肝や肝炎など肝機能に異常がある状態だと分かるとされていますが、これは肝臓の細胞が破壊されていることの証拠だからです。

肝機能を元に戻すためには肝臓の細胞を修復してあげる必要があります。もともと肝臓は再生力の高い臓器だとされていますが、こ再生を助けてくれるのがHGFなのです。HGFの働きによって傷ついた肝臓の修復を早めてくれるというわけです。

ちなみに「肝細胞増殖因子」と名前がついていますが、実は心臓や血管などを修復してくれる働きもあり、体を正常な状態に保つためには欠かせない成長因子だといっていいでしょう。

インスリン様成長因子(IGF)

加齢による新陳代謝の低下は体のあちこちに影響を与えますが、関節痛の原因にもなるのです。新陳代謝の低下によって関節内部にある軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨との間にクッションがなくなってしまいますので、痛みの原因になってしまいます。IGFには軟骨や筋肉の修復を助けてくれる働きがあり、すり減った軟骨の修復を促して関節痛を軽減してくれるのです。

また、AGA(男性型脱毛症)をはじめとする薄毛や脱毛で悩んでいる人は多いですが、IGFには毛髪の成長を助けてくれる働きもあり、AGA治療の鍵を握るとして注目されています。

神経細胞増殖因子(NGF)



現代はストレスの多い時代ですので、恒常的にストレスを受けることも珍しくありません。これによって自律神経のうち交感神経が興奮しっぱなしになり、自律神経のバランスを崩してしまいます。これを自律神経失調症といいます。

NGFには神経細胞の増殖を助けてくれる働きがあります。これによって自律神経のバランスを整えることができ、精神面の落ち着きを取り戻してくれるというわけです。

また、NGFにはホルモンバランスを整えてくれる機能もあり、更年期障害などホルモンバランスの崩れによって起きる疾患の症状を和らげてくれるとされています。

コロニー形成刺激因子(CSF)

体内に細菌が入っても簡単には発症しないのは、白血球をはじめとする免疫細胞が細菌を退治してくれるためです。白血球が活発であればあるほど、免疫力は高くなるというわけです

CSFには白血球の一種であるマクロファージを増やしてくれる働きがあるのです。マクロファージは免疫細胞の中でも中心的な役割を果たしているとされており、マクロファージを増やすことでより多くの細菌を退治してくれ、これによって万が一病原菌が体内に入っても発症を防ぐ可能性が高くなってくるというわけです。

CSFに似た成長因子にインターロイキン(IL)があり、こちらも白血球を増やしてくれる効果があります。

プラセンタサプリの選び方

以上のように成長因子が最近注目されているプラセンタですが、効率的に摂取するためにはサプリの利用をおすすめします!プラセンタ注射は高い効果が得られますが、リスクも大きくコストもかかるためあまりおすすめできません。

さて、プラセンタサプリを選ぶ際のポイントですが、まずは国産素材を使用したものを選ぶようにしましょう。国産のプラセンタサプリは国内の高い安全基準をクリアしているため、海外産のサプリに比べて安全面で保証されています。

また、アミノ酸換算値が高いものを選ぶことも大切です。アミノ酸換算値は効果に直結するため、これが低いサプリを選んでしまうと期待している効果が得られなくなってしまうかもしれません。

最後に、コストパフォーマンスにも気を遣いましょう。いくら効果が得られても価格が法外に高いものは毎日継続できないでしょう。アミノ酸換算値と価格のバランスを考えることが重要です。
プラセンタサプリを選びのポイント!

プラセンタサプリはいろいろ売られていますが、「安いだけの粗悪品」、「品質はよいけど高価品」を選んでしまっては、続けて飲み続けることはできません。
気をつけたいのは以下の点です。
  ・国産素材を使用
  ・アミノ酸換算値が高い
  ・価格が安い
コスパのよくて、お買い得なサプリを上手に選びましょう!



プラセンタサプリの濃度をコスパで比較しました!

プラセンタサプリは、プラセンタ含有量、胎盤の種類、サプリの形状などで、有効なアミノ酸の量が異なります。これだと膨大な種類のサプリから選ぶのは難しいです。 そこで、各サプリのアミノ酸換算値を計算しなおしました。こちら↓からどうぞ。




成長因子を取り入れて内側からきれいになろう!

成長因子は若い時には体中に十分な量がでていますが、年齢を重ねてきたら減ってきます。成長因子が不足すると、、お肌が汚くなったり、健康を害したり、疲れやすくなってしまいます。

しかし落ち込む必要はありません。プラセンタの栄養素を効率よく凝縮したサプリも販売されています。プラセンタサプリを上手に利用して、健康維持に必要な成長因子を外から取り入れていきましょう!


プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら