トップページ >  人気プラセンタのアミノ酸換算値 >  プラセンタの泉のアミノ酸換算値

プラセンタの泉360のアミノ酸換算値を計算しました!

プラセンタの泉360の成分を、本当に体内に有効な
「アミノ酸換算値」
で計算しなおしました。 プラセンタの泉360のコストパフォーマンス(1円当たりのアミノ酸換算値)もわかります。

プラセンタの泉360のプラセンタの成分(1日分)

馬プラセンタエキス末360mg、植物発酵エキス、鮭鼻軟骨抽出物、乳酸菌末、フィッシュコラーゲン、こんにゃく芋粉抽出物(セラミド含有)/ゼラチン、グリシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンC、着色料(酸化チタン)


サプリ・ドリンクに含まれるプラセンタの換算
商品の換算項目 商品の値
タイプ サプリ
プラセンタの胎盤の種類
プラセンタ摂取量(1日あたり) 360mg
①アミノ酸含有量を換算
(豚:馬:羊=1:300:1)
×300=108000
②アミノ酸体内吸収率を換算
(豚:馬:羊=1:1:20)
③プラセンタが粉末か原液かで換算
(粉末:原液=1:7)
×1=108000
プラセンタの換算値・コストパフォーマンスまとめ
商品の換算値 商品の値
アミノ酸換算値まとめ
(①②③のまとめ)
108000
一日分のコスト
(価格を30日で割った値)
107円(定期) 63円(定期初回)
プラセンタのコストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)
1009

プラセンタの泉360のプラセンタの成分のポイント

プラセンタの"胎盤種"は「馬」

1日あたりのプラセンタ摂取量が360mgなので、アミノ酸換算値は108000とアミノ酸含有量が高い馬プラセンタの中でもアミノ酸含有量が豊富な部類となっています。ただし、粉末のためプラセンタの濃度はそこそこです。

ヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの潤い成分もプラス

保湿効果が高いヒアルロン酸やプロテオグリカン、美白効果のあるビタミンC、美肌をつくるセラミドやコラーゲンなどの美容成分もバランス良く含まれています。

コスパを良くするなら毎月お届け定期コースがオススメ

定期コースは初回70%オフ、2回目以降50%と割引率が高いです。こちらの定期コースは、毎月先着300名限定となっています。


プラセンタの泉360は「まあまあ」



コストパフォーマンス・・・
  ※(1円当たりのアミノ酸換算値)


1009

     ・・・  定期コースはコスパがいい




プラセンタの泉360の商品詳細

プラセンタの泉360 「プラセンタの泉360」は、"内側からキレイに"をモットーとするサン・クラルテ製薬のプラセンタサプリメントです。
プラセンタの泉360は、プラセンタの胎盤種は「馬」です。 プラセンタ配合量が360mgと高いので、アミノ酸換算値は108000と馬プラセンタの中でもそこそこ高い部類となります。

ただし、粉末なので、原液を使っているものと比べるとプラセンタ濃度が低く、現在1位のTp2000nextとは大きな差をつけられてしまっています。

コスパは、毎月先着300名の定期コースで申し込むと初回70%オフ、2回目以降50%オフとなり、1日あたり107円で続けることができます。
(2017年8時点でのサイト確認ですので、表記の変更があった場合はご容赦ください)
1日分のコスト
(通常購入)
107円(定期)
1日分のコスト
(トライアル)
63円


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気60種類の中で、ベスト1のプラセンタサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら