トップページ >  人気プラセンタのアミノ酸換算値 >  エイジングリペアのアミノ酸換算値

エイジングリペアのアミノ酸換算値を計算しました!

エイジングリペアの成分を、本当に体内に有効な
「アミノ酸換算値」
で計算しなおしました。 エイジングリペアのコストパフォーマンス(1円当たりのアミノ酸換算値)もわかります。

エイジングリペアのプラセンタの成分(1日分)

馬プラセンタ 200mg


サプリ・ドリンクに含まれるプラセンタの換算
商品の換算項目 商品の値
タイプ サプリ
プラセンタの胎盤の種類
プラセンタ摂取量(1日あたり) 180mg
①アミノ酸含有量を換算
(豚:馬:羊=1:300:1)
×300=54000
②アミノ酸体内吸収率を換算
(豚:馬:羊=1:1:20)
③プラセンタが粉末か原液かで換算
(粉末:原液=1:7)
プラセンタの換算値・コストパフォーマンスまとめ
商品の換算値 商品の値
アミノ酸換算値まとめ
(①②③のまとめ)
54000
一日分のコスト
(価格を30日で割った値)
293円(定期2ヶ月目以降)
プラセンタのコストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)
184

エイジングリペアのプラセンタの成分のポイント

プラセンタの"胎盤種"は「馬」

エイジングリペアは、プラセンタの胎盤種は「馬」です。 1日あたりのプラセンタ摂取量は、馬プラセンタなのに、200mg (1日分)も配合されているかなりの優良品です。 ドリンクではなく、サプリメントタイプです。

1日分の"アミノ酸換算値"は「60000」で最高レベル

プラセンタの胎盤種は「馬」なので、アミノ酸含有量は通常のプラセンタの300倍です。 すなわち、200mg×300=「60000」が、エイジングリペアのアミノ酸換算値(1日分)となります。 これは、プラセンタサプリの中ではほぼNo.1といえるでしょう。

"1円あたりのアミノ酸換算値"は「184」でコスパは最高レベル

エイジングリペアの一日分のコストは最低で293円(定期コースの2ヶ月目以降)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、60000÷293円 =「184」となり、 コストパフォーマンスは、プラセンタサプリの中でキレイ・デ・プラセンタに続いて2位で、最高レベルといえます。
プラセンタだけをみると、キレイ・デ・プラセンタのほうがコスパがやや高いですが、エイジングリペアのほうが他の美容成分をとても多く含んでいます。 (コンドロイチン、低分子ヒアルロン酸、デルマタン、低分子コラーゲンなど、1日あたり美容成分が900mgも配合)


エイジングリペアは「買い」



コストパフォーマンス・・・
  ※(1円当たりのアミノ酸換算値)


  184

       ・・・  これはかなりイイ!




エイジングリペアの商品詳細

エイジングリペアの一日分のコストは最低で293円(定期コースの2ヶ月目以降)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、60000÷293円 =「184」となり、 コストパフォーマンスは、プラセンタサプリの中でキレイ・デ・プラセンタに続いて2位で、最高レベルといえます。

プラセンタだけをみると、キレイ・デ・プラセンタのほうがコスパがやや高いですが、エイジングリペアのほうが他の美容成分をとても多く含んでいます。
1日あたり美容成分が900mgも配合されているため、サプリ一つで総合的な美容効果を求めている方には、キレイ・デ・プラセンタよりエイジングリペアのほうが向いているかもしれません。 (コンドロイチン180mg、低分子ヒアルロン酸18mg、デルマタン26mg、低分子コラーゲン180mg)

エイジングリペアは、アミノ酸換算値からみると、コスパがかなりいい逸品です。
1日分のコスト
(通常購入)
293円(定期2ヶ月目以降)
1日分のコスト
(トライアル)
なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1のプラセンタサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら