トップページ >  人気プラセンタのアミノ酸換算値 >  プラセンタ100のアミノ酸換算値

プラセンタ100のアミノ酸換算値を計算しました!

プラセンタ100の成分を、本当に体内に有効な
「アミノ酸換算値」
で計算しなおしました。 プラセンタ100のコストパフォーマンス(1円当たりのアミノ酸換算値)もわかります。

プラセンタ100のプラセンタの成分(1日分)

豚プラセンタ 540mg


サプリ・ドリンクに含まれるプラセンタの換算
商品の換算項目 商品の値
タイプ サプリ
プラセンタの胎盤の種類
プラセンタ摂取量(1日あたり) 540mg(3粒)
①アミノ酸含有量を換算
(豚:馬:羊=1:300:1)
②アミノ酸体内吸収率を換算
(豚:馬:羊=1:1:20)
③プラセンタが粉末か原液かで換算
(粉末:原液=1:7)
×7=3780
プラセンタの換算値・コストパフォーマンスまとめ
商品の換算値 商品の値
アミノ酸換算値まとめ
(①②③のまとめ)
3780
一日分のコスト
(価格を30日で割った値)
308円(定期毎月レギュラー)
プラセンタのコストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)
12

プラセンタ100のプラセンタの成分のポイント

プラセンタの"胎盤種"は「豚」

プラセンタ100は、プラセンタの胎盤種は「豚」です。 1日あたりのプラセンタ摂取量は、豚プラセンタで、540mg(3粒)配合されています。 ドリンクではなく、サプリメントタイプです。

1日分の"アミノ酸換算値"は「3780」でやや低め

プラセンタの胎盤種は「豚」なので、アミノ酸含有量は通常のプラセンタどおりの1倍ですが、原液タイプなので濃度が通常の7倍あります。 すなわち、540mg×7=「3780」が、プラセンタ100のアミノ酸換算値(1日分)となります。 これは、プラセンタサプリの中ではやや低めといえるでしょう。

"1円あたりのアミノ酸換算値"は「12」でコスパは低い

プラセンタ100の一日分のコストは最低で308円(定期毎月レギュラー)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、3780÷308 =「12」となり、 これもプラセンタサプリの中ではコスパが低いといえます。


プラセンタ100は「見送り」



コストパフォーマンス・・・
  ※(1円当たりのアミノ酸換算値)


  12

         ・・・  コスパ悪すぎ




プラセンタ100の商品詳細

プラセンタ100は、チェジウの広告で有名なプラセンタサプリメントです。
成分をみると、プラセンタ100は、プラセンタの胎盤種は「豚」です。 1日あたりのプラセンタ摂取量は、豚プラセンタで、540mg(3粒)配合されています。

プラセンタの胎盤種は「豚」なので、アミノ酸含有量は通常のプラセンタどおりの1倍ですが、原液タイプなので濃度が通常の7倍あります。 つまり、540mg×7=「3780」が、プラセンタ100のアミノ酸換算値(1日分)となります。 これは、プラセンタサプリの中ではやや低めといえるでしょう。

プラセンタ100の一日分のコストは最低で308円(定期毎月レギュラー)です。 1円あたりのアミノ酸換算値は、3780÷308 =「12」となり、 これもプラセンタサプリの中ではコスパが低いといえます。
1日分のコスト
(通常購入)
308円(定期毎月レギュラー)
1日分のコスト
(トライアル)
140円(トライアル)


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1のプラセンタサプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




プラセンタを成分評価!

多くのプラセンタサプリ・ドリンクのアミノ酸量を調査しました!

人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識

TP200を体験!

人気のプラセンタサプリTP200を使ってみました!

TP200体験レビューはこちら