プラセンタサプリの効果は、「アミノ酸量」で決まります。

はっきりいって、ほとんどの人がプラセンタサプリの選び方で損をしています。
サプリやドリンクに表記されているプラセンタの量を、そのまま信じても意味がないからです。


プラセンタサプリって、プラセンタの含有量、胎盤の種類(馬・羊・豚)、サプリの形状(原液・粉末)など、条件によって、プラセンタのアミノ酸の量が違うからです。

体に有効なアミノ酸の量=「アミノ酸換算値」に注目すれば、コスパの高いプラセンタサプリを選ぶことができますよ。



次のどれかに当てはまっている方は、要注意!

よくある3つの間違った選び方はコレ!


プラセンタの含有量が多くても、豚プラセンタなら効果は薄い!


プラセンタの含有量が多くても、ドリンクなら効果は薄い!


プラセンタの含有量が多くても、値段が高すぎたら意味なし!




プラセンタサプリのコスパは、次の3つで決まります。

プラセンタサプリのキーポイントは、次の3つ


プラセンタサプリのコストパフォーマンスは、

胎盤の種類(豚、馬、羊)

プラセンタの含有量

商品の価格

で決まります!



そこで!!わかりやすく比較するために各プラセンタのアミノ酸量を再計算しました!

プラセンタサプリは、条件で有効なアミノ酸量が違うので、選ぶのが難しいです。そこで、わかりやすく比較するために、下記のような表で、サプリの中のアミノ酸の量とコストパフォーマンスを再計算しました!一番右の赤い数字が、コスパ(1円あたりの内容量)です。数字が大きいほどおすすめです。


サプリor
ドリンク
プラセンタ
の配合量
(1日分)
種類 アミノ酸
換算値
コスト
(1日分)
コストパフォーマンス
(1円あたりのアミノ酸換算値)

Tp200
サプリ 200mg
180000 99円
(定期)


1819

プラセンタEX100
サプリ 100mg
(1粒)
30000 193円
(定期)
155

プラセンタサプリMFⅢ
サプリ 8000mg
(1粒)
16000 633円
(6箱)
21

プラセンタサプリは、プラセンタ含有量、胎盤の種類(馬・羊・豚)、サプリの形状(原末/粉末)などで、体に有効な「アミノ酸の量」が違います。 そこで、各サプリのアミノ酸換算値を計算しなおしました。




プラセンタの成分構成と主成分の「アミノ酸」


アンチエイジングに欠かせない美容成分として注目されている「プラセンタ」。 プラセンタとは胎盤のことで、もともとは胎児を成長させるための組織であることから 栄養成分は豊富なことはいうまでもありません。 人間にとって必要な栄養素がギュッと詰まっており、さらには生理活性体も含まれていることがわかっています。

プラセンタの主な成分は、たんぱく質であり、その他、ミネラル、活性ペプチド、アミノ酸、酵素、脂質、糖質、 脂肪酸、核酸抗生物質、ビタミン、ムコ多糖体、成長因子などです。 主成分であるたんぱく質は20種類のアミノ酸で構成されており、いろいろな組み合わせによって 皮膚や髪、筋肉などを形作っています。 身体に十分なアミノ酸があれば、新陳代謝がアップし、保湿効果が高まり、髪やお肌にツヤをもたらしてくれますが、 不足するとお肌のハリがなくなったり、髪がパサついたりするのです。 アミノ酸はたんぱく質の形で食事から体内に取り込まれ、消化、分解されることでアミノ酸へと細分化されていきます。 そして、吸収された後にたんぱく質に再結成され、細胞新生の材料として活躍するというわけです。 ただし、食事から摂取するたんぱく質に含まれるアミノ酸は、非常に吸収率が悪いといわれており、 効率よく摂取するのは難しいのが現状です。

そこで、できればアミノ酸単体で摂取するのが最も効率的なのですが、 実はプラセンタに含まれるアミノ酸は単体で構成されていため、吸収率が高いのです。 プラセンタから摂取したアミノ酸は、血中のアミノ酸濃度を高めるだけではなく、代謝をアップしてくれるので よりアミノ酸を全身に行き渡らせることができます。 そうすることで、お肌のターンオーバーが正常化し、シミの排出に役立ったり、ハリや弾力が生まれ、 若々しいお肌を取り戻すことができるというわけです。





人気プラセンタのアミノ酸換算値

プラセンタの基礎知識